当たり前

「当たり前」という言葉の意味は

“そうあるべきこと、当然、ごく普通のこと” だそうです

 

そうあるべきこととは何か?当然のこととは何か?ごく普通のこととは何か?

こう考えると”当然”とか”普通”ってなんだっけと思ってしまいます

 

でも毎日の生活の中でつい無意識に「当たり前」になってしまっていることって

ありませんか?

 

ご飯を作ってもらうのが当たり前

洗濯をしてもらうのが当たり前

そもそも家族や友達がいてくれることが当たり前

などなど

 

でも、当たり前って当たり前じゃない

当たり前の裏には誰かの支えが必ずあると思うのです

 

相手は無意識に自分のためにやってくれているのかもしれない

でも、受け取る側が「当たり前」として受け取るのと

「ありがとう」と感謝して受け取るのでは大きく変わってきます

 

今日もご飯を作ってくれてありがとう

今日も洗濯してくれてありがとう

今日も隣にいてくれてありがとう

今日も生きていてくれてありがとう

 

当たり前って思っていたことは失ってはじめて当たり前ではなかったと気付く

 

どんな小さなことも当たり前ではない

どんな些細なことにも感謝を忘れず

これからも生きていきたいです

 

 

投稿者プロフィール

大村まどか
大村まどかくれたけ心理相談室(淀川支部)心理カウンセラー
本日もご覧いただきありがとうございます。
家族でもない、友達でもない、だからこそ話せることがあるかもしれません。
お話しできる日を楽しみにしております。

コメントはお気軽にどうぞ

前の記事

自分を愛す

次の記事

久しぶりの登園