Be yourself!!

我が家の次男(3歳)は可愛いもの(ぬいぐるみなど)や

可愛い色(特にピンク)が大好きです!

先日、買い物に行ったとき「これ買って~」と次男が持ってきたものは

ピンク色の水筒、ディズニープリンセスが描かれたサンダル、でした!

その様子を見ていた長男が「それ女の子のやで!!○○(次男)は男の子やろ~!!」と

言いました

 

その夜、お風呂につかりながら子どもたちと話していると

お店での出来事の話題になり

長男が再び「○○(次男)は男の子やのに~」と言いました

それを聞いて、私は長男にこんなお話をしてみました

 

“可愛いもの=女の子、カッコいいもの=男の子”

たしかに、この世界で生きていたらあらゆる場面で

こんなイメージが湧いてくるよね

トイレのマークだって女の子が赤で、男の子が青だし

テレビやCMでも女の子向け!男の子向け!とかよく聞いたり見たりするけど

可愛いものを男の子が使ってはいけない、とか

カッコいいを女の子が使ってはいけない、とか

そんなことはないんだよ!

好きな色も好きな形も好きなキャラクターも何を好きになっても自由なんだ!

ママは、男の子らしく!とか女の子らしく!とかそんなことより

“自分らしく!”を一番大切にしてもらいたいよ

 

私の話を聞いて、フムフム・・と何やら考えている長男

 

「なるほどな~!たしかに可愛いぬいぐるみとか○○(次男)っぽいもんな~!」と

そして

「僕らしいってなんやろ~?」という長男の質問から

“自分らしさ”について、いろいろと話し合いました

 

自分が一番好きな自分で過ごせるのが幸せだよね!という

長男と私なりの結論が出たところで

お風呂から上がりました

 

先日の「オリジナルマーク」に続き

まだ5歳の長男と”自分らしさ”について

語り合うことができて私が嬉しくなった出来事でした

 

 

投稿者プロフィール

大村まどか
大村まどかくれたけ心理相談室(淀川支部)心理カウンセラー
本日もご覧いただきありがとうございます。
家族でもない、友達でもない、だからこそ話せることがあるかもしれません。
お話しできる日を楽しみにしております。

コメントはお気軽にどうぞ

前の記事

いちにち先生

次の記事

時代を超える笑い