ともだち

おはようございます。

くれたけ心理相談室 淀川支部の大村まどかです。

本日もご覧いただきありがとうございます。

 

先日子どもたちを連れて自転車で30分ほどの距離にある

大きな公園に行ってきました。

遊具で遊んでいると、長男と同じ背丈の男の子が近づいてきて

なにやらモゾモゾ・・

その子の親御さんが「一緒に遊びたいならそう言ってごらん」と

声をかけており、その子は勇気を出したように

「いっしょにあそぼう!」と長男に声をかけてくれました。

長男は「いいよ!あそぼ!」と返事をし、二人は一緒に遊び始めます。

ついさっきまで会ったこともない、話したこともない二人なのに

気が付けば、「次あっちの遊具行こう!!」や「こっちに虫おったで!!」など

まるでずっと昔からの友達みたいに仲よく遊んでいました。

 

その姿に、とても心を打たれました。

大人になると友達をつくるのもとても時間が掛かるし、

ましてや全く知らない人に「一緒に遊ぼう!」と声をかけることも

躊躇してできないのに

子どもたちは滑り台を一緒に滑ったらもう友達!

 

その純粋な心をこれからも大切にしていきたいなと感じた出来事でした。

 

投稿者プロフィール

大村まどか
大村まどかくれたけ心理相談室(淀川支部)心理カウンセラー
本日もご覧いただきありがとうございます。
家族でもない、友達でもない、だからこそ話せることがあるかもしれません。
お話しできる日を楽しみにしております。

コメントはお気軽にどうぞ

前の記事

夢の持つこと

次の記事

そんな日もあるさ