夢の持つこと

おはようございます。
くれたけ心理相談室 淀川支部の大村まどかです。
本日もご覧いただきありがとうございます。

今日は夢を持つことのお話です。

我が家の息子は将来なりたい職業がたくさんあるようです。

野球選手に料理人にダンサーに鉛筆職人にテレビに出る人・・などなど

なりたいものが多すぎてどうやったら全部の職業につけるのか
息子なりに考えた結果、

○○歳まではこの仕事!
○○歳からはこの仕事!

というように年齢で区切ってすべての職業につこうと決めたようです。

その話を隣で聞いていてなんだか私までワクワクしてきました。

なりたいものがたくさんあること、
そしてどうすればそれを全て叶えられるのかを真剣に考えていること

その姿に夢を持つことは本当に可能性を広げるのだなと感じます。

そんな息子に「ママの夢は?ママは将来何になりたいの?」と聞かれ

少し言葉に詰まってしまいました。

将来なりたいもの・・
子どもの頃はそんな質問にスッと答えられていたのに
大人になるともうその将来に自分がいる様な気がして
いまから何になるのか考えていなかったなぁと気付きました。

でもじっくり思い返すと
こんなことやってみたい!こんなとこに行ってみたい!など
やりたいことはたくさんあって、
ただそれを「~になる!」ではなく「~だといいなぁ」になってしまっている部分が
少なからずあったことにも気付かされました。

大人になると、自然と「夢と現実」のように
夢は夢・現実は現実のような雰囲気になっていきますが

いくつになっても夢を持ち続けることは
大切なのだなと子どもから教わりました。

以前ブログでも書かせていただいた「人生でぜったいにやってみせることリスト」

こちらをこれからも更新しながらたくさんの夢を現実に
叶えていけるように歩んでいきます!

https://madoka.counseling1.jp/2021/04/22/lifeplan/

投稿者プロフィール

大村まどか
大村まどかくれたけ心理相談室(淀川支部)心理カウンセラー
本日もご覧いただきありがとうございます。
家族でもない、友達でもない、だからこそ話せることがあるかもしれません。
お話しできる日を楽しみにしております。

コメントはお気軽にどうぞ

前の記事

ひまわりばあちゃん

次の記事

ともだち