新時代のコミュニケーション

おはようございます。
くれたけ心理相談室 淀川支部の大村まどかです。

新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない昨今、社会的距離をとることが当たり前になりましたね。
感染者の数を見るとそういった対策も致し方ないことだと感じますが
社会的距離をとることで心と心も離れてしまうのは寂しいな・・・と感じるのもまた本音です。

先日、昔からの友人2人とオンラインツールを使用しお喋りをしました。
職場も住む場所も各々変わり、コロナ禍のため中々会いに行くこともできていなかったので
3人で話すのは本当何年ぶりだろう・・・?というくらい久しぶりでした。

でもオンラインで会話が始まるとあっという間に
3人でふざけあっていた時代にタイムスリップしたかのように
会えていなかった時間なんて気にならないくらい話が止まりませんでした(笑)

懐かしい昔話から、子育ての話、仕事の話や健康の話など
止まらない話題に「社会的距離を取りながらも心の距離を近づけることは可能だな」と
感じた瞬間でもありました。

そしてこうしたオンラインでのコミュニケーションはコロナ禍だからこそ実現したのかな?
とも感じました。

社会的距離を取らなければいけない今だからこそ、ITという時代の産物を活用し、
心の距離を縮めるコミュニケーションを取っていきたいなと思います。

現在、くれたけ心理相談室淀川支部では大阪府の新型コロナウイルス感染者拡大に伴い
オンライン対応のみとさせていただいております。
「オンラインだけだと本当に自分の気持ちが伝わるのかな・・」と感じられる方もいらっしゃるかと存じますが、自宅や慣れている環境でリラックスしながらお話しできるというプラスの面もあるのではと感じます。

1人でも多くの方に笑顔になっていただきたい、そして皆様がいままで一生懸命に守り背負い続けた重い荷物を一旦おろして、自分のココロの声に耳を傾けてもらいたい。

そんな思いでお待ちしております。
皆様とお会いできます日を楽しみにしております。

投稿者プロフィール

大村まどか
大村まどかくれたけ心理相談室(淀川支部)心理カウンセラー
本日もご覧いただきありがとうございます。
家族でもない、友達でもない、だからこそ話せることがあるかもしれません。
お話しできる日を楽しみにしております。

予約をする(空席確認)

大村 まどかのカウンセリングのご予約確認(24時間対応) ※お電話によるご予約は、 電話による予約方法(フリーダイヤル)でご確認ください。

コメントはお気軽にどうぞ

次の記事

環境の変化